ambfダイアリー

アラサー男のアウトプット。Arts,Movie,Book,Foodでambfです。

【雑記】好きなドラマを挙げていったら全てフジテレビだった

今回はいつもと趣向を変えて、私の好きなドラマをだらだらと挙げていこうと思います。

 何を載せようかと好きなドラマを挙げていったら、全てフジテレビでした。

 昔はバラエティのイメージが強かったフジテレビですが、ドラマも強力なコンテンツだったと思います。

 それでは順不同で紹介していきます。

 

やまとなでしこ

色々な見所はあると思いますが、これは松嶋菜々子を見るためのドラマです!手の込んだ壮大なPVです。

CA松嶋菜々子の破壊力たるや、言葉の数々、行動の数々、その全てが麗しい。もう一度言いますが、これは松嶋菜々子のためのドラマです!たまに矢田亜希子です。

 

白い巨塔唐沢寿明Ver)

こちらはキャストの豪華さだけでなく、緻密な脚本、壮大な演出と、その全てにおいて質が高いドラマでした。

登場する人物一人ひとりの背景や葛藤も丁寧に描ききり、全ての人物に感情移入することができます。

この作品だけは、好きな人物を述べることができません。それだけ重厚な人間ドラマでした。

 ヘイリーの天使のような歌声や、日本ドラマ史上初となるワルシャワでのロケもドラマに深みを添えます。

最終回を見る度に、何度涙したことでしょう。

古畑任三郎

古畑任三郎のこれでもかという質の悪さ笑。しつこく、確実に犯人を追い詰める様は圧巻の一言。この人に目をつけられたら最後、運の尽きでしょう。 

豪華な犯人(ゲスト)や、脇を固める俳優陣も見所です。

私の好きな話はベタですが、喋りすぎた男(明石家さんま)です。

 

結婚できない男

阿部寛のコメディ男優としての旨味がこれでもかと出た贅沢なスープを飲んでいるかのような作品です。

主人公の不器用だけどいい人ぶりがたまらなく愛らしく、憎めません。ヒロイン演じた夏川結衣も、阿部寛にだけはムキになる所が可愛らしいです。

二人の掛け合いが微笑ましく、なんと相性のいいことでしょうか。

続編が見たくてたまらなかった作品です。きっと素晴らしい掛け合いを披露してくれたに違いありません。

 

プロポーズ大作戦

山下智久長澤まさみの、ラブコメ青春劇。

タイムトラベルして過去をやり直すという設定は、誰もが一度は夢見るのではないでしょうか。

長澤まさみと結婚するはずだった藤木直人に同情しつつも、幼なじみとくっついて欲しいと思うのは恋愛ドラマの常です。

「あの時、あぁしてたら」という後悔を、桑田佳祐の主題歌がセンチメンタルな気持ちに昇華させてくれます。

 

テレビの魅力低下が叫ばれています。

昔は、自分の青春時代を彩り、人格形成にも影響を与えてきたドラマがありました。見ると幸せな気分になれるドラマがありました。

今見ても、十分見応えがあるものばかりです。

昔のように、魅力溢れる ドラマが数多く生まれることを、陰ながら願っています。(私に出来ることは、見ること位しかないかもしれませんが。)

特に、フジテレビは私の大好きなドラマばかりでしたので、その気持が強いです。

取り留めがないですが、お読みいただき、ありがとうございました。