ambfダイアリー

アラサー男のアウトプット。Arts,Movie,Book,Foodでambfです。

【映画紹介】旅情

 旅情(監督デヴィッドリーン 1955年 イギリス・アメリカ)の紹介です。キャリアウーマンの女性がヴェネツィアでのひとり旅中に、現地のイタリア人男性と恋に堕ちる映画です。主演はキャサリン・ヘプバーンです。

 

トーリー

 アメリカで秘書をしている38歳独身のジェーンは長期休暇を取り、ヨーロッパへのひとり旅をする。最終目的地であるヴェネツィアを訪れたジェーンはサンマルコ広場でイタリア人男性レナートと出会う。

 

感想

  映画の魅力の一つに、色々な街の風景を楽しめるということがあります。この映画ではヴェネツィアの綺麗な景色を堪能できます。水の都としての風景や古くから残る町並みを堪能できます。ヴェネツィアングラスも出てきて、特産品の勉強にもなります。

 ルネサンス期のヴェネツィアティツィアーノらの色彩豊かな絵画が生まれました。デッサンのフィレンツェ、色彩のヴェネツィアという言葉もあります。

 

  • レナードの洒脱さ

 パンツェッタ・ジローラモのように、お洒落で女好きというのが、イタリア人男性のイメージですが、レナートもまさにイメージ通りのイタリア人です。

 明るく、冷静に、情熱的にジェーンにアプローチしていきます。距離の詰め方や言葉遣い等が格好よく、あぁこれは落ちますわと納得します。妻子持ちですけど、、、

 レナートはことあるごとに、「prego(プレーゴ)」という言葉を使います。イタリア語で「どういたしまして」や、「どうぞ」等、幅広い意味で使える汎用性のある言葉です。プレーゴのイントネーションがとても格好よく、イタリアに行った際は陽気にプレーゴを連発しようと思っております。

 

  • タイミング・フィーリング・ハプニング

 恋愛に発展するのに必要な3条件としてよく挙げられますが、この映画にはそれがお手本のように、凝縮されています。

 ジェーンとレナートの出会いはサンマルコ広場ですが、そこでは2人は言葉を交わしません。翌日、ジェーンが偶然入った骨董店の店主がレナードであることから2人の恋は始まります(タイミング)。

 秘書としてバリバリ働いてきたジェーンは知的な女性です。一方でレナートは陽気なイタリア人。ないものに惹かれあうのが恋愛の常なのか、2人はすぐに惹かれあいます(フィーリング)。

 ジェーンは骨董店をカメラで撮影していたところ、下がりすぎて後ろの運河に落ちてしまいます。濡れたままホテルに戻ったジェーンは、ホテルまで訪ねてきたレナートにデートに誘われます(ハプニング)。

 余談ですが、キャサリン・ヘプバーンは撮影のために運河に落ちたことが原因で、目の感染症に罹ったそうです。

 

 

 ヴェネツィアの街並みと大人のアバンチュールに彩られた映画「旅情」、見ていただけましたら幸いです。